2010年03月25日

中京 芝1200m コース分析

1日1回応援クリックをお願いします。⇒人気ブログランキング

今日は高松宮記念が行われる中京 芝1200mについて考えます。
コース形態はこちら

2コーナー奥からのスタート。その後3コーナーまで400mちょっとの長い直線が続きます。そのためペースは速くなりがち。

それから迎える3〜4コーナーからのカーブにスパイラルカーブが用いられているのがこのコースの特徴。

スパイラルカーブとは、入口から出口にかけて半径が小さくなる複合曲線によって構成されるコーナーのこと。進入時にゆるやかで、徐々にきつくなるため、コーナー進入時はスピードを落とさずに進入でき、徐々にコーナーがきつくなるので外に膨らみやすく、最後の直線で馬群がばらけやすいといわれています。(wikipediaより)

また3コーナーからは緩やかな下り坂となっていることもあり、ペースは急激に上がります。

そして最後の直線は314m。坂はないために惰性で乗り切ることも可能なため基本的には前の馬が有利。
ただ3コーナーからの長い末脚が求められることもあって、前半にペースがあがるようなら追い込み馬の台頭もあります。

また開催が進んで馬場が荒れてくると極端な外差し馬場になることも覚えておいたほうが良さそうです。

なお枠順による有利・不利はあまり目立ちませんが、差し馬は外を回したほうが伸びてこれるので、内枠にはいるとやや不利と言えそうです。


【結論】
スピードだけで押し切るのは難しく、ある程度のスタミナも求められる。内枠の差し馬は減点。


ただ今回は小倉競馬場の工事の関係で開催が続いているので傾向も変わってきそう。先週の時点で外が伸びていましたので、基本的には内枠以外の差し馬を狙いたいとは思います。
枠順はまだ出ていませんが、狙いたいのは●●●●●●ですかね。

●●●●●●はこちらで確認
人気ブログランキング(15位くらい)

【参考データ】

■枠番別 複勝率
・1枠 0.17
・2枠 0.15
・3枠 0.18
・4枠 0.22
・5枠 0.14
・6枠 0.19
・7枠 0.17
・8枠 0.18

■脚質別 複勝率
・逃げ 0.39
・先行 0.25
・差し 0.22
・追込 0.19

おすすめ無料予想:フリーのメルアドだけで登録可能!
↓↓↓↓↓↓↓↓
万馬券への近道☆リアル競馬では元騎手や超有名評論家からの情報を駆使し、確勝級の買い目を無料配信中です!


1日1回応援クリックをお願いします。
banner_01.gif にほんブログ村 競馬ブログへ



posted by 3着管理人 at 22:41 | Comment(0) | コース考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。