2011年03月30日

阪神 芝2400m コース分析

まずは1日1回応援クリックをお願いします。⇒人気ブログランキング

今日は日経賞(G2)が行われる阪神 芝2400mについて考えます。
hansin.jpg


直線半ばからのスタート。その後外回りコースを進みます。

3コーナーから最後の直線を向くまで、700mほどカーブを曲がり続けます。外枠の馬は外を回されることになりやすく、その分内枠の馬のほうが良い成績を残しています。

最後の直線は473.6mと長め。残り190m地点から120mかけて高さ2mの急坂が待ち構えることが最後の特徴。

この急坂があるため、逃げ・先行馬に苦戦を強いられ、差し馬・追い込み馬の活躍が目立ちます。

特に追い込み馬の好成績が顕著ですので、他コースで追い込むも届かずみたいな馬は狙い目かと思います。

あと注目すべき点として、距離が2400mあることから序盤のミスを挽回しやすく、最後の直線も長いことから紛れがおきにくいコースと言えます。

人気馬を狙う本命党には好ましいコースかもしれません。

【結論】
逃げ・先行馬の成績が良くないことが特徴。狙いは差し馬・追い込み馬。また紛れは起きにくいコース


というわけで穴を狙うなら追い込み馬の●●●●●●あたりでしょうか。前走は15着に敗れていますが、直線短い中山コースのものなので仕方なし。今回は阪神大賞典(G2)で2着になったこともある得意の阪神で逆襲はあると思います。

●●●●●●はこちらで確認⇒人気ブログランキング(20位くらい)

【参考データ】

■枠番別 複勝率
・1枠 0.36
・2枠 0.25
・3枠 0.25
・4枠 0.22
・5枠 0.26
・6枠 0.23
・7枠 0.17
・8枠 0.18

■脚質別 複勝率
・逃げ 0.27
・先行 0.23
・差し 0.29
・追込 0.30



無料競馬予想★的中馬券★

無料情報でこの情報量は業界随一 。
1日あたり自信のある5レースを無料提供。
無料会員登録メールアドレスのみで簡単!
電話番号登録一切不要!


posted by 3着管理人 at 20:58 | Comment(0) | コース考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。