2012年03月20日

中京芝1200m コース分析


まずは1日1回応援クリックをお願いします。⇒人気ブログランキング

今日は高松宮記念が行われる中京1200mというコースについて考えます。

とってもまだ新改装後は6レースしか行われていないので、これといった傾向を見るのは難しいのですが・・・
pic_course_3d.jpg
pic_course_shiba.gif

スタートは向こう正面から。

100mほど走ってからその後は最後の100mまでずっと下り。最後の100mで急坂が待ち構えているというコース構成になっています。

最後の急坂は100m走る間に2mちょっと登るというものですから、中山とほぼ同程度の厳しい坂といえるでしょう。坂適性は結構重要になるのではないでしょうか。

そして最後の直線は地方競馬場としては新潟に次いで2番目に長い412.5m。最後の急坂もあり逃げ・先行勢には厳しいコースといえそうです。

そうやって考えると、京都1200mで強い競馬をしてきたロードカナロアより、中山で結果を出してきた●●●●●●のほうを上に取りたいような気はします。

重い芝の函館や札幌で結果を出していることからも今の時計がかかる中京の馬場は合っているように思います。

●●●●●●はこちらで確認⇒人気ブログランキング(100位くらい)

posted by 3着管理人 at 21:40 | Comment(0) | コース考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。